光響,安価なPM型モード同期Erファイバーレーザーを発売

光響は,波長1.5μmで安定発振する偏波保持(PM)型モード同期Erファイバーレーザーキットの販売を開始した(ニュースリリース)。

通常,PM型のフェムト秒レーザーの購入には500万円以上を要するが,この製品は価格を98万円 (税抜)と低価格に押さえており,フェムト秒レーザーを簡単に構築することができる。

波長1.5μm帯フェムト秒ファイバーレーザーは幅広い分野で用いられる一方,高額な価格がネックとなっていた。自社構築する際も,部品選定・組み立てに一定のノウハウが必要で,購入した完成品はブラックボックス化されており,用途に合わせたカスタマイズが難しい実情があった。

この製品は,マニュアルを見ながらプラモデル感覚で製品を組み立てられ,レーザー光源開発のノウハウを簡単に習得できる。キット形式を採用することで自由度が高く,用途に合わせて構成を柔軟に組み替えた利用も可能。構成がすべて偏波保持(PM)ファイバーによりファイバー接続されており,安定したモード同期発振を実現している。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日
  • 光響,高精度ファイバーレーザー加工機を発売 2021年03月01日