光響,11波長対応・単一周波数レーザーを発売

光響は,DBR(分布反射型:Distributed Bragg Reflector)レーザーダイオード,電流コントローラー,温度コントローラー,ホルダーが一体になった,11波長対応・単一周波数レーザー光源の販売を開始した(ニュースリリース)。

DBRレーザーダイオードは、自動運転(LIDAR),医療診断,バイオイメージング, 量子コンピューター等の用途で用いられる。従来の単一周波数のレーザーであるDFB(分布帰還型:Distributed Feedback)レーザーダイオードは光出力が弱いことが難点だった。

DBRレーザーダイオードは高出力,長寿命,安定性の面で性能が優れており,今後はDBRレーザーダイオードの市場拡大が期待されるという。

また,これまでの電源は,電流コントローラー,温度コントローラー,ホルダーが別々で大きなスペースが必要だったが,この製品はオールインワンタイプのコンパクト化を実現した。ACアダプターもついているため直流電源も不要で,電流値や温度は基板上のLCDにて確認できる。外部PCでのコントロールも可能。

対応波長は,767nm,770nm,780nm,785nm,795nm,852nm,895nm,920nm,976nm,1064nm,1083nm。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,10億気圧の光のエネルギー閉込めに知見 2021年07月07日
  • 浜ホト,世界最高出力の産業用パルスレーザー開発 2021年06月28日
  • 三菱ら,50W深紫外ピコ秒レーザー加工機を開発 2021年06月22日
  • 光響,100Wレーザーエングレービングを発売 2021年05月18日
  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日