光響,大電流用14ピンバタフライ型LD電源の販売を開始

光響は,大電流用14ピンバタフライ型LD電源の販売を開始した。製品の内部には,大電流用14ピンバタフライ型LD電源キット「PS-LDD-LCD-K」が組み込まれており,また光ファイバの固定スペースが内蔵されている。これにより,14ピンバタフライ型LDやファイバレーザの構成部品を一つの筐体に収めることを可能にした。

従来のレーザ光源は波長や出力などの仕様が固定化されており,購入前に仕様を決定する必要があったが,この製品を用い,購入者が設計したファイバレーザを収めることで,ベンチトップ型ターンキー光源として使用できる。

製品は,LD電流2A,TEC電流3Aに対応。サイズは210×280×99mmで,筐体のLCDにおいてLD電流値や温度が確認できる。また,LDやTEC電流リミット設定,PIDゲイン,積分係数設定,アラーム機能も搭載している。価格は24万5,000円。