第141回微小光学研究会「メディカル・バイオフォトニクス に革新をもたらす微小光学」

第141回微小光学研究会「メディカル・バイオフォトニクス に革新をもたらす微小光学」

会期: 9月29日(木)10:00~17:00
会場: 早稲田大学西早稲田キャンパス,新宿区,東京
主催: 応用物理学会微小光学研究会

▼フォトニック結晶のバイオセンシング応用
 馬場俊彦(横国大)
▼誘導ラマン(SRS)顕微鏡と分光イメージング応用
 小関泰之(東京大)
▼超広角大腸内視鏡向け光学系の開発-内視鏡に果たす微小光学素子の役割-
 進士翔(オリンパス)
▼手のひらサイズの非侵襲血糖値センサー
 山川考一(量研機構)
▼医療応用を目指した生体深部光音響イメージング技術
 山岡禎久(佐賀大)
▼光駆動マイクロロボットを用いた細胞機械特性のリアルタイム3 次元計測
 生田幸士(東京大)
▼テラヘルツ分光を用いた医療医薬の分析
 味戸克裕(NTT)
▼バイオセンシングを実現する微小光学素子-ナノ・マイクロ熱工学の視点から-
 田口良広(慶應大)
▼大気圧走査電子顕微鏡によるバイオ試料観察
 久田明子(日立製作所)

参加費: 一般:4,000円,学生・シニア:1,000円(資料代含む)
お問合せ先: NTT 井藤幹隆
URL: http://www.comemoc.com/