ブレイン・マシン・インターフェースは何をもたらすか

電気自動車のテスラや民間宇宙ベンチャー・スペースXを立ち上げたイーロン・マスク氏が,新たに(2017年に)創設したニューラリンク(Neuralink)は,2019年7月,BMIに関して行っている研究開発の現状や方針などについて報道発表したようです(The New YorkTimes. July 16, 2019)。

その内容は,YouTubeや日経xTECHでもかなり詳しく紹介されています。ここで呼ぶBMIとは,肥満の指標ではなく,大脳と外部の機械とを結ぶ技術のことです。本稿7月号でも,DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)がBMI(ブレイン・マシン・インターフェース,脳介機)関連研究に大きな資金の投入を計画していると紹介しましたが,相前後してニューラリンクの記事を見つけましたので,米国がBMI関連研究に本腰を入れて取り組み始めていることをあらためて認識しました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日