何がホットか

Optics & Photonics News の本年1月号に「オプティクス・フォトニクスで何がホットか?」との2ページのエッセイが出ています。OIDA(OSA産業振興協会)のレポートに関連しての文章のようですが,「何がホットかは立場による」がひとまずの答えです。詳細検討,始めに「ホットな末端市場」と云う事で,縮小しつつあるマーケットで大きなシェアを取るより,巨大な,あるいは拡大するマーケットの一端に食らいつくのがホット,と述べられています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
  • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日