ボックスカメラの空洞

ポーランドの古都クラクフでは,毎週日曜日に蚤の市が開かれる。旧市街から少し歩いた場所のアーケードとそれを囲む広場に,多くのにわか店舗が出現する。古本,食器,服,家具などアンティークの他,電化製品,家のガラクタを持ってきて並べている人や,中にはどうみてもゴミ箱から漁ってきたと思われる物をうず高く積んでいる人もいたりする。

店主たちは,黙ってじっと座っていたり,タバコをふかしていたり,何かを食べていたり,客そっちのけで友人と会話していたりと様々だ。それらの店の間を多くの人たちが行き来して,真剣に品定めをしている。

そんなごった煮状態の中を歩いていたら,アンティークなカメラを並べている店を見つけた。テーブルの上には1900年代前半のスプリングカメラやボックスカメラが並べられている。

スプリングカメラというのは,レンズがボディに収納されていて,撮影時にはそれが蛇腹とともに飛び出すタイプのものだ。レンズを畳むとコンパクトになるため,持ち歩きの高級カメラとして一世を風靡した。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
  • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日
  • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
  • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日
  • 水底の線香花火 月谷昌之介 2020年09月01日
  • 写真 ─ 真を写す? ─ 月谷昌之介 2020年08月03日
  • 神秘なるプリズム 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 遥かなる地平線 月谷昌之介 2020年07月07日