フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦

◆岩倉 いずみ(イワクラ イズミ)
神奈川大学 工学部 教授
2005年9月 慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻博士課程修了
2005年10月~2006年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)(慶應義塾大学)
2006年4月~2008年9月 日本学術振興会特別研究員(PD)(電気通信大学)
2008年10月~2012年3月 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「光の利用と物質材料・生命機能」さきがけ研究員
2010年4月~2012年3月 広島大学大学院理学研究科化学専攻助教
2012年4月 神奈川大学に着任
2020年4月~現職

今回のインタビューには,神奈川大学工学部・教授の岩倉いずみ氏にご登場いただいた。岩倉氏はこの3月,10-fsと極限的に短い可視レーザー光を用いることで,分子振動をコヒーレント励起し相転移を誘起する,有機分子の昇華結晶化手法の開発を発表。その論文はNature姉妹紙の『Communications Chemistry』に掲載されている。

岩倉氏の研究室では,化学反応遷移状態の可視化に基づく反応機構解析に取り組んでおり,フェムト秒レーザーを用いた新たな反応開発にも挑戦している。今回発表された成果もその一つで,本誌編集部では,岩倉氏が開発したフェムト秒レーザーによる有機分子の昇華結晶化手法とともに,今後の研究の方向性などについて話を伺った。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
  • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日
  • 光検出器が新たな物理を探求する─ハイパーカミオカンデが迫る森羅万象と光技術 慶応義塾大学 西村 康宏 2020年12月11日
  • NTTが描く次世代光通信と新たな世界─IOWN構想が導く未来とは 日本電信電話(株) 芝 宏礼,大西 隆之,工藤 伊知郎 2020年11月24日
  • 日常に溶け込むダイナミックプロジェクションマッピング─照明としてのプロジェクターの可能性を探る 東京工業大学 渡辺 義浩 2020年10月20日
  • 全ての光を吸い込む究極の黒─「曲げて触れる」微細構造とは (国研)産業技術総合研究所 雨宮 邦招 2020年10月05日
  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日