空の玄関口を睨む光の眼─LIDARが見守る航空機と乗客の安全

◆神田 克裕(カンダ カツヒロ)
東京航空地方気象台 観測管理官付 主任技術専門官

主な職務:空港気象ドップラーレーダー・ライダー運用管理
1988年 旧高田測候所採用以降,新潟地方気象台,旧相川測候所,旧富山空港出張所,成田航空地方気象台を経て
2011年~ 気象庁観測部観測課観測システム運用室
2014年~ 気象庁観測部観測課航空気象観測整備運用室
2017年~ 現職

空の玄関口である空港には毎日多くの人々が降り立ち,旅立っていく。小規模な施設も含めて日本国内には97もの空港が存在するが,そのうち乗降客数が最も多いのは東京国際空港(羽田空港)で,その数は国内線・国際線を合わせると年間8,500万人を超える。これは世界の空港においても第4位の数字となっている。

さらに昨年は訪日外国人旅行者数が3,000万人を上回り,東京オリンピックを迎える来年にかけてさらに増えることが予想されるが,航空機の運航には変わらぬ安全性が求められることは言うまでもない。

特に航空機の事故が多いのが「魔の11分間」と呼ばれる離着陸時だ。東京国際空港に設置されている東京航空地方気象台は,万が一にもそうした事態が起こらぬ様,空港付近の気象を常に見守っている。

今回はそこで行なわれているLIDARを使った気象観測について,実際の装置の見学を交えて紹介して頂いた。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
  • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
  • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
  • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
  • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日
  • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
  • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日
  • 光検出器が新たな物理を探求する─ハイパーカミオカンデが迫る森羅万象と光技術 慶応義塾大学 西村 康宏 2020年12月11日