相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは?

◆香取 秀俊(カトリ ヒデトシ)
東京大学 大学院工学系研究科 教授

平成3年8月 東京大学工学部・教務職員,平成6年9月 ドイツ,マックスプランク量子光学研究所・客員研究員,平成11年4月 東京大学工学部附属総合試験所 協調工学部門・助教授,平成17年4月 東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・助教授,平成22年5月 東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・教授,平成23年4月 理化学研究所 香取量子計測研究室・招聘主任研究員,現在に至る。朝日賞,紫綬褒章,日本学士院賞など受賞。

時間のものさしとしては現在,セシウム原子時計が採用されている。この時計はイギリスで発明されたものだが,これよりもさらに高精度な時計が日本で生まれた。

光格子時計だ。その開発は東京大学・香取秀俊教授によってもたらされた。これによって秒の再定義が現実的になってきている。

香取教授ら研究グループは2018年11月,光格子時計をスカイツリーに持ち込み,重力による時間の進み方を見る実験を行なった。これは相対性理論の検証につながる。香取教授は,実用化を見据えた応用研究を進めている。

今回編集部では香取教授のもとを訪れ,光格子時計とは何か?その実現によって何が変わるのかについて話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • フェムト秒レーザーによる分子間反応の可視化に挑戦 神奈川大学 岩倉 いずみ 2021年01月05日
  • オール岡山の技術が光を取り戻す!─いよいよ最終段階に来た人工網膜とは 岡山大学 松尾 俊彦,内田 哲也 2020年12月16日
  • 光検出器が新たな物理を探求する─ハイパーカミオカンデが迫る森羅万象と光技術 慶応義塾大学 西村 康宏 2020年12月11日
  • NTTが描く次世代光通信と新たな世界─IOWN構想が導く未来とは 日本電信電話(株) 芝 宏礼,大西 隆之,工藤 伊知郎 2020年11月24日
  • 日常に溶け込むダイナミックプロジェクションマッピング─照明としてのプロジェクターの可能性を探る 東京工業大学 渡辺 義浩 2020年10月20日
  • 全ての光を吸い込む究極の黒─「曲げて触れる」微細構造とは (国研)産業技術総合研究所 雨宮 邦招 2020年10月05日
  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日