結像と光学系(Ⅶ)

13.  レンズ設計

13.6 軸外の光線

これまでは,光軸上から出た光や,光軸に対して平行に伝搬する光のみを扱ってきた。前にも少し述べたが,このような光には,球面収差しか含まれていない。次章より,収差の説明をするため,この節では,軸外の光線追跡について説明する。

13.1節で設計した,焦点距離60 mm,Fナンバ2の対称両凸レンズを用いることにする。

13.6.1 無限系

図3.93 無限系レンズエディタ
図3.93 無限系レンズエディタ

(a)画角の設定
これまで,画角に関して特に入力しなかったが,ここに値を入力すると,主光線の角度を光軸からずらすことができる。初めに説明したように,このソフトウェアでは,Field Angleは,いわゆる画角でなく,半画角(画角の1/2)であることに注意する必要がある。

図3.93に示すように,Field Angleに20°(画角:40°)と入力する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 収差(Ⅴ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月24日
  • 収差(Ⅳ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月19日
  • 収差(Ⅲ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 収差(Ⅱ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 収差(Ⅰ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅺ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅹ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅸ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月05日