結像と光学系(Ⅵ)

13.  レンズ設計

この節では,前節で説明した,レンズのベンディングを行うために,光線追跡ソフトウェアを用いた,レンズ設計の基本について説明する。

このソフトウェアの概要については,すでに,「光の伝搬」第3節(2019年6月号)において説明したので,そちらを参照されたい。また,市販のレンズを用いた光線追跡は,「結像と光学系」第3節(2019年9月号)において説明したが,この節では,レンズの仕様を決めて,一から設計する。

9.6節において,光学系には無限系と有限系があることを説明したが,無限系が基本であるので,まず無限系レンズの設計を行う。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 収差(Ⅴ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月24日
  • 収差(Ⅳ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月19日
  • 収差(Ⅲ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 収差(Ⅱ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 収差(Ⅰ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅶ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅺ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅹ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日