結像と光学系(Ⅴ)

10. 像倍率

前節の実験を行っていると,物体を動かすことにより,像の位置が変わると共に,その大きさも変わることに気づいたことであろう。

10.1 実験

10.1.1 使用する部品

長焦点凸レンズ,短焦点凸レンズ,ろうそく光源,レンズホルダ,衝立,ものさし

10.1.2 実験手順

部屋を暗くし,ろうそく光源を点灯させる。前節の図3.23のように,ろうそく光源の後に凸レンズを置き,さらにその先に衝立を置く。衝立を光軸の前後に動かし,衝立にはっきりとろうそくの像が映る場所を探す。この時,凸レンズからろうそくまでの距離と,像の高さを記録する。

凸レンズからろうそくまでの距離を変え,また,レンズを変えて実験してみる。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 収差(Ⅴ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月24日
  • 収差(Ⅳ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月19日
  • 収差(Ⅲ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 収差(Ⅱ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 収差(Ⅰ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅶ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅺ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
  • 結像と光学系(Ⅹ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日