インストールと単玉レンズ設計

1. はしがき

freesoft_1501_21

光デバイスは着実に発展を続け,高出力・超高速応答化,波長領域拡大,発光素子配列の2次元化,さらに画素ごとのデータ処理機能付与などが実現している。これら能動デバイスはレンズやミラーなどの受動デバイスと組み合わせて用いられるが,そのための光学設計を専門外の人間が行うのはハードルが高い。また設計結果を確認するための光学装置の構築に費用と場所が必要なうえ,光計測の手間もかかるものである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • OSLO_EDUの活用メモ
    OSLO_EDUの活用メモ 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年04月11日
  • 普段は見かけない光学構成
    普段は見かけない光学構成 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年03月18日
  • 肉眼の光学モデルとヘッドマウントデイスプレイ
    肉眼の光学モデルとヘッドマウントデイスプレイ 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年03月18日
  • OSLO添付サンプルの解説(その2)─さまざまな光学系─
    OSLO添付サンプルの解説(その2)─さまざまな光学系─ 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年02月18日
  • OSLO添付サンプルの解説(その1)─優秀なレンズの例─
    OSLO添付サンプルの解説(その1)─優秀なレンズの例─ 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年02月17日
  • ノンイメージング光学系⑵─集光光学系─
    ノンイメージング光学系⑵─集光光学系─ 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年01月20日
  • ノンイメージング光学系⑴─LED照明光学系─
    ノンイメージング光学系⑴─LED照明光学系─ 大阪産業大学 丸谷洋二 2016年01月19日
  • テストパタンで結像状態を確認
    テストパタンで結像状態を確認 大阪産業大学 丸谷洋二 2015年12月24日