大気補正

㈱パスコ 野中崇志 放送大学 梅干野晁

1. はじめに

図1 航空機(飛行高度:約1200 m)に搭載した赤外線センサより8月7日の13時頃に観測した竹芝から豊洲にかけての放射温度(上),及び大気補正後の地表面放射温度(下)
図1 航空機(飛行高度:約1200 m)に搭載した赤外線センサより8月7日の13時頃に観測した竹芝から豊洲にかけての放射温度(上),及び大気補正後の地表面放射温度(下)

図1は2006年8月7日に13時頃に航空機に搭載した熱赤外センサで撮影された竹芝から豊洲にかけての放射温度画像である。本画像の解像度は約3 mであり,画像より道路や建物ごとの詳細な温度の把握と分析が可能である。

中央は晴海埠頭であり,上の画像(a)は高々45℃であるが,下の画像(b)では60℃を超える箇所がある。実は(a)は航空機センサで観測した放射温度であり,(b)が地表面の放射温度(輝度温度)である。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日
  • 成長期の「棚からぼた餅」 2020年01月06日
  • 喋りたいことが喋れる質問を 2019年12月17日
  • 分からないのにありがたい
    分からないのにありがたい 2019年12月02日