半導体分野にも普及したレーザ加工機

(オプトエレクトロニクス産業の5本柱)

consultant_1409_02

光協会が生産統計の対象とした製品は,大きく分けると,光通信関連製品,太陽電池,レーザ加工機,情報機器,光部品・材料の5つのグループに分けることができます。レーザ加工機は,柱の1本です。

光通信システムや太陽電池と違って,レーザ加工機は目で見てその動きや働きが分かるので,私にとっても分かり易いというか実感を得易い分野でした。将来ビジョンの仕事では,製品見学のチャンスもあったので,興味を持って色々なレーザ加工装置を直に見ることができました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日
  • いよいよ光のコンピュータ
    いよいよ光のコンピュータ 2020年10月30日
  • 5Sってご存じですか
    5Sってご存じですか 2020年10月19日
  • ドンペリ効果 2020年09月30日