石川五右衛門とプラズモン

hikari_1405_01n

石川五右衛門は豊臣秀吉の時代の盗賊団の頭である。時には人殺しも厭わなかったというから決してほめられた生業ではないが,五右衛門の盗賊団が盗みを働く相手は秀吉を筆頭とする権力者のみだったこともあり,庶民にとってはヒーロー的な存在だった。

最後は秀吉の配下によって捕らえられ,幼い息子の五郎市とともに釜茹での刑に処せられる。釜茹でと言っても釜の中は油で満たされていたということだから,実際には唐揚げにされたというべきか。温泉にいくと五右衛門風呂というお釜の形をした風呂があったりして,僕たちはありがたがってそれに浸かったりするのだけど,その由来を辿ればあまりぞっとしない代物だ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
  • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日
  • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
  • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日
  • 水底の線香花火 月谷昌之介 2020年09月01日
  • 写真 ─ 真を写す? ─ 月谷昌之介 2020年08月03日
  • 神秘なるプリズム 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 遥かなる地平線 月谷昌之介 2020年07月07日