米国携帯電話事業に新たな動き!?

USA_1401_01

米国二大通信サービスAT&T社が,携帯電話事業において新たな展開を見せている。長期契約不要の新契約プランの提供を,12月初旬から開始した。顧客側にとっては,基本的に月額が低減され,概ね月に15ドルは安くなるという。

元々,長期契約プランの場合には,携帯端末コストを通信サービス業者が補助して顧客が安価に購入できる代わりに,長期契約という縛りによる顧客の囲い込みが行われている。ところが実際にはサービス事業者が契約プランの料金に同コストの補填分を上乗せしている。従って,長期契約期間後も継続して,延々と高いサービス料金を支払わなければならないことに,顧客側が不満をいだいていた。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日
  • 成長期の「棚からぼた餅」 2020年01月06日
  • 喋りたいことが喋れる質問を 2019年12月17日
  • 分からないのにありがたい
    分からないのにありがたい 2019年12月02日