夢の技術“人工光合成”を実現するために

(独)産業技術総合研究所 三石雄悟,佐山和弘

1. はじめに

yume_series09_04

我々人類は日々,莫大なエネルギーを消費しながら生活しており,そのエネルギー源の大部分は,気が遠くなるような長い年月をかけて地球に蓄積された化石資源である。近年,新エネルギーとして話題となっているシェールガスも化石資源であり,いつかは枯渇してしまう有限な資源である。

これより,将来的には,これら化石資源に頼らない,半永久的に利用可能なエネルギー技術(再生可能エネルギー利用技術)を確立することが持続可能な社会実現には必要不可欠である。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日
  • 成長期の「棚からぼた餅」 2020年01月06日
  • 喋りたいことが喋れる質問を 2019年12月17日
  • 分からないのにありがたい
    分からないのにありがたい 2019年12月02日