チャールズ・ホイートストン

鴫原正義

今から210年前に,英国の物理学者サー・チャールズ・ホイートストン(1802~1875)が生まれています。その名を聞くと“ホイートストンブリッジ”を思い浮かべますが,意外と思える多くの発明をしているのです。今回はその意外な世界を覗いて見ました。

britain-buildings-london-england-great-historical_121-97420

ホイートストンは英国ロンドンの西方150 km程にあるグロスターで生まれていますが,彼の父は楽器販売業を営み,後にロンドンに移りフルートの教師も始めています。普通の学校を卒業したホイートストンはロンドンで楽器職人をしていた叔父の下で1823年から1834年まで楽器製作の修行を積む一方で,独学で科学を学んでいます。

ロンドン市内の本屋を見て回るのも好きで,或る時フランスのアレッサンドロ・ヴォルタ(1745~1827)著の電気に関する本に興味を持ち,フランス語の辞書を片手に乾電池の製作を始めたりもしています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • チョコレート 熟成考房舎 鴫原正義 2021年02月03日
  • 新年の“初物語” 熟成考房舎 鴫原正義 2021年01月01日
  • 高機能繊維とヒートテック 熟成考房舎 鴫原正義 2020年12月01日
  • パテントクリフ 熟成考房舎 鴫原正義 2020年11月09日
  • 柿の種 熟成考房舎 鴫原正義 2020年10月02日
  • ウイスキーと熟成 熟成考房舎 鴫原正義 2020年09月01日
  • 人力車 熟成考房舎 鴫原正義 2020年08月01日
  • 島津斉彬と集成館事業 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月07日