修正液と修正テープ

鴫原正義

近年の文房具類はパーソナル化が進む中で,いろいろな機能を持った便利なものが豊富に出回っています。今回はその中からアイデアの発想や市場競争の面で面白そうな修正液の流れをたどってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

修正液を英語では“Correcting Fluid”,米国では“Whiteout”とも言うことがあるそうです。この修正液は,第二次大戦後間もない1951 年に米国の銀行(Texas Bank Trust)で秘書をしていたベット・ネスミス・グラハム(1924 ~ 1980)が考え出したものです。

彼女は元々画家志望で絵画に興味を持っていたのですが,個人的な理由から秘書の仕事をしていました。当時の秘書業務はタイプ打ちの業務が多く,その作業は現在のようなパソコンでの作業とは違い,間違えると最初から打ち直しが必要でした。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 新年の“初物語” 熟成考房舎 鴫原正義 2021年01月01日
  • 高機能繊維とヒートテック 熟成考房舎 鴫原正義 2020年12月01日
  • パテントクリフ 熟成考房舎 鴫原正義 2020年11月09日
  • 柿の種 熟成考房舎 鴫原正義 2020年10月02日
  • ウイスキーと熟成 熟成考房舎 鴫原正義 2020年09月01日
  • 人力車 熟成考房舎 鴫原正義 2020年08月01日
  • 島津斉彬と集成館事業 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月07日
  • 対数の発明とその世界 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月07日