ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして—

1. はじめに

地震や台風などの自然災害の少なくない我が国において,深刻な被害を防ぐためには,インシデントの予見が肝要である。構造物のひずみをモニタリングする手法として,光ファイバー網を駆使する方式が開発されている。ひずみの検知方式はFBG,BOTDRなどが知られ,近年はBOCDAなどの更に画期的な方式も開発されており,橋梁などへの実証試験もされている1〜3)。このように,橋梁やトンネルなどの大資本をベースとするインフラについては,すでに現状での有効性が示されている。

その一方で,家屋,公民館,校舎,私有地の斜面などといった,民間レベルでの普及を実現するには,センサー技術の廉価化と一般人向けのインターフェースの開発が必要である。既出の技術例は一貫して波長解析をそのシステムの一部としていることから,前提として正確な光波の供給およびその解析にまつわる光学機器の廉価化が待たれる。また,これらの光ファイバーセンサーの取り扱いには,光学と電気工学のバックグラウンドを要求されるが,センシングの原理を知らなくても扱うことができるようなユーザーとのインターフェースが登場すると,前述のような民間のケースでもより導入しやすくなる可能性がある。このように,大型のインフラに適したモニタリング技術は豊富に存在するのに対し,廉価で扱いやすいものが少ないため,民間の防災を焦点とした技術の登場が待たれる。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • Mie共鳴により発色するナノ粒子カラーインクの創製 神戸大学 杉本 泰 2021年02月03日
  • テラヘルツドップラ測定に基づく非接触心拍計測の試み 慶應義塾大学 門内 靖明 2021年01月01日
  • 自然な光を用いる瞬間カラー多重ホログラフィーと蛍光顕微鏡応用 (国研)情報通信研究機構 田原 樹 2020年12月01日
  • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
  • ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発 (国研)産業技術総合研究所 篠崎 健二 2020年10月02日
  • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日
  • 電子状態計測で挑むEUV露光光源用プラズマの最適設計 北海道大学 富田健太郎 2020年08月07日
  • 高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体 北海道大学 北川裕一 2020年07月17日