トラブルのモデル

(ボタンの掛け違い)

システム事業部門に,ボタンの掛け違いの話が好きな同僚がおりました。どこかで起きた誤りが途中では全く気が付かれずにスルーされ,しかし最後には自動的かつ確実に発見されるという話です。自動的かつ確実に発見されるという点では,筋の良いミスです。

彼の職場では,並列的に進められているシステム開発が何かの事情でちぐはぐになることは少なくなく,そのような現象を表現するのには,ボタンの掛け違いは効果的なモデルだったようです。

(相談業のボタン)

一方,私が関係していた業務はコンサルティングですので相談業です。基本的に対人サービス業です。打ち合わせや報告はそれなりの頻度で行ないますので,ボタンの掛け違いが起こっても直ぐに訂正されます。

したがって,最終報告会で予想外のボタンの掛け違いが発見されトラブルになることはありません。それまでに繰り返されたミーティングで,プロジェクトの前提,目標,結果についての共有が図られているからです。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 医光連携
    医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日
  • いよいよ光のコンピュータ
    いよいよ光のコンピュータ 2020年10月30日