いよいよ光のコンピュータ

(情報分野の本命)

オプトエレクトロニクスは誕生した時から,エネルギー分野と情報分野に貢献することが予想され,実際,両分野で大きな成果を上げました。特に情報分野では,技術開発開始から短期間で,通信,記憶,記録,表示,計測分野で産業的な成果が得られました。

次は処理,つまり情報処理分野,つまりは光コンピュータの実用化が期待されました。画像情報処理への期待が特に大きかった一方で,一般のコンピュータでの電子を光で置き換えるという期待も持たれていました。

(基本的な問題)

「光の波長は電子より大きいからね」。光コンピュータについて「いつ頃実用化しますでしょうか」とお聞きした時の専門家からのご返事でした。オプトエレクトロニクス全般に多くの可能性を主張される方でしたが,光コンピュータについては否定的なご意見でした。

そんな発言を思い出したのは,最近,光量子コンピュータの話題を見聞きするようになったためです。光量子コンピュータについてのお考えを,改めてお伺いしたい気がします。絶対実用化するといえるわけではありませんが,可能性は強まっています。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 医光連携
    医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
  • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日