「情に報いて心を通わす」情報通信

(通心)

だいぶ以前のことなので曖昧ですが,「通信」に「通心」という文字をあてたポスターを見たことがあります。ポスターのあった企業の性格を踏まえると,何故かうれしい気持ちになりました。動画像通信も容易となった今,一層,通心といえるようになったと思います。

その時思いついたのが情報についての「情に報いる」という解釈でした。「通心」といういう文字を見て連想しました。実際,持続的に発展してきた情報通信技術は,情を反映したやり取りもできるようになっていると思います。

文字情報の通信を行うメールでも,感情を表現する手段が豊富になっています。数文字の文面に,鬼が3匹鉄棒を持って立っているメールを送られたことがあります。送り主の心は立ちどころに理解され,直ちに,送り主の情に報いる対応を取ることができました。

また,最近よく耳にする言葉に「炎上」があります。心ない人による,情の無い仕業といった場合も少なくないようです。今後ますます,生活基盤として重要性を増す情報通信です。心通わせ,情に報いるといった側面も強くなればと思います。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 医光連携
    医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
  • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日