トンネル効果的なコミュニケーションの問題点

(笑いの少ない記念写真)

今さらですが,最近大きく技術革新が起こった分野の一つが写真です。写真技術だけでなくその使われ方も変化しました。例えば,フィルムレスにインスタ映えです。しかし,変わらない使われ方もあり,その一つが各種組織の広報に使われる集合写真だと思います。

そう数多く経験したわけではありませんが,広報資料等に載せられている組織の写真で,トップだけが笑っているのを何度か見たことがあります。中小企業の場合は役員全員が集まった写真,大企業の場合は事業部や工場を単位とした写真で見ました。

トップ以外の参加者も機嫌が悪そうというわけではありませんが,何か,トップの気分が皆に伝わっていない,あるいは,気持ちが一つになっていないような印象を受けました。視点を変えると,トップの力不足を見たような気がしました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日
  • いよいよ光のコンピュータ
    いよいよ光のコンピュータ 2020年10月30日