おもてなしの経済

(初めての回転ずしで驚いたこと)

古い話ですが,珍しいすし屋さんだなといった思いで初めて入った回転ずしには驚きました。当然ですが,先ず,寿司が回っていることに驚かされました。皿の模様で価格が決まっていることの説明や,「ビールは2本まで」と書かれた張り紙にも驚きました。

客に提供されるのは寿司ですので,回転ずし屋もすし屋です。しかし,その提供の仕方は元来のすし屋とは大きく変わりました。すし屋という業種はそのままで,寿司の売り方である業態が変わったわけです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日
  • いよいよ光のコンピュータ
    いよいよ光のコンピュータ 2020年10月30日