こだわりを捨てて速度を上げて良いんでしょうか?

(黎明期の垂直統合)

産業の黎明期から離陸期にかけては,垂直統合的な体制をとる企業が多くみられます。つまり,自社製品に必要な多くの資源を社内化する企業です。自動車産業をリードした企業の中には,製鐵プロセスまで社内化していた企業もありました。

材料や部品の性能が最終製品の性能に強く影響することはよくあります。このような場合,部材の社内化は製品性能の向上をやり易くします。また,製品の価格低下を行う場合にも,事業資源を社内化していると,自社の思惑で主体的に行うことができます。

(垂直統合から水平分業へ)

産業が成長期に入ると,垂直統合的な体制から水平分業化が進みます。半導体デバイス産業の場合,事業化の初期には自社内で製造していた材料を,専門企業から調達するようになりました。社内調達にはない企業間の緊張関係も生まれます。

水平分業が進みますと,研究開発,事業開発を行うにしても,集中し高速に行うことができます。活動の範囲が絞れられることは,良いことばかりではありませんが,とにかく,効果的,効率的な開発活動とはなります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 医光連携
    医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
  • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日