人間技の人間味

(ミクロな自然界とマクロな自然界)

長さの基準をナノメートルより小さくとるのが便利な自然界は,同じ名称で呼ばれる対象なら「二つとして違うものはない」世界です。一方,ナノテクより十分マクロな世界,例えばメートルを長さの基準とする自然界は,「一つとして同じものはない」世界になります。

(情報の区別)

ところで日本語の「情報」という言葉には,ニュース,お知らせ,データ,知恵と,概ね4種類の意味があるそうです。これらの情報についても,「一つとして同じ情報はない」と「二つとして違う情報はない」といった区別が可能です。

特定のお知らせ情報の内容がいろいろでは困りますので,「二つとして違う情報はない」です。ニュースは,基本,フェイクでなければ,「二つとして違う情報はない」です。またデータについても,一般的には「二つとして違う情報はない」です。

ただし,進化論や古生物学など,繰り返して実験することができないこと分野では,たくさんの,「一つとして同じ情報はない」から正しい答えを推論することが必要です。症例数が極めて少ない場合の医学研究なども同じような困難があります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 医光連携
    医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
  • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
  • 哲学的な手工業  2021年02月01日
  • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
  • 分かるけど腑に落ちない
    分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日
  • 黒船効果 2020年12月15日
  • 偉い学者のお言葉
    偉い学者のお言葉 2020年12月01日
  • 笑えるAI 2020年11月17日