市光工業,生産子会社に大型設備投資

市光工業は,同社100%生産子会社である九州市光工業(大分県中津市)において大型設備投資を進めている(ニュースリリース)。

九州域内では今後も自動車生産の拡大が続くと見込まれているという。そこで,新規受注の獲得を睨み,2020年度から2021年度にかけて総額約12億円の設備投資を実施し,9月に操業を開始する予定。

この投資により最新技術の射出成形機が導入され,エネルギー消費を削減しながら生産を増やすことが可能になるとする。また,これに伴い2021年度に約70名の追加雇用も予定しているという(2021年1月現在の従業員数347名)。

なお,九州市光では,2014年と2016年に実施した増設工事により,ヘッドランプ並びにリアコンビネーションランプの生産能力を増強しており,軽自動車から高級車まで幅広いセグメント向けの製品を取り揃え,主に九州から本州西側地域のカーメーカーに製品を納入してきた。同社の売上高(2020年度:91億円)と人員はともに3年前から2倍以上に増加するなど成長を続けており,今回の投資でさらに生産能力が向上することになるとしている。

その他関連ニュース

  • 住友化学,最先端プロセス向けレジストを増産 2021年02月09日
  • 三菱ガス化学,光学樹脂ポリマーの製造能力を増強 2020年12月25日
  • ウシオ,基板製造装置事業を拡大 2020年12月23日
  • 宇部興産,ディスプレー向けにモノマー工場を増設 2020年12月07日
  • 出光,中国の有機EL工場が本格稼働 2020年12月03日
  • トプコン,光学部品工場を新設 2020年10月27日
  • 浜ホト,光半導体を製造する新棟が完成 2020年08月07日
  • 住友化学,大阪工場のEUVレジスト開発強化 2020年04月22日