ソニー,自動運転車両の行動テストを開始

ソニーは,昨年の「CES 2020」にて発表した自動運転車「VISION-S」の試作車両を2020年12月に完成させ, 欧州において公道走行テストを開始したと発表した(ニュースリリース)。

昨年発表された同試作車は,同社の車載向けCMOSイメージセンサー,ToFセンサー,LiDARなど数種類のセンサーを合計33個配置しており,車内外の人や物体を検知・認識し,高度な運転支援を実現するというもの。

同社では今後も車両開発を継続すると共に,他の地域においても順次走行テストを実施する計画だとしている。

その他関連ニュース

  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • パイオニア,3D-LiDARの量産開始 2020年12月17日
  • 光響,長距離測定向けLiDARを発売 2020年12月09日
  • 光響,低速自動運転向けLiDARを発売 2020年12月02日
  • PSSIら,LiDARによる交差点監視の検証を実施 2020年12月01日
  • オンセミ,dToF LiDARの新プラットフォーム発表 2020年11月18日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 佐賀大ら,カメラで追従する農業用搬送ロボを開発 2020年11月10日