九大,SHG/光スイッチ特性を持つ有機結晶を発見

九州大学は,光信号に応答する分子が反転対称性を持たない極性結晶を自発的に形成し,かつ結晶中で光異性化することにより結晶が液化すること,さらにこの光誘起“固―液”相転移現象を利用して光第二高調波発生を他波長光でスイッチする光論理ゲート機能を持つ分子システムの開発に成功した(ニュースリリース)。

π共役電子系を持つ有機分子は,分子設計の自由度が高く,無機結晶材料に比べて大きな非線形分極を示しうることから,SHG(Second Harmonic Generation:光第二高調波発生)材料,さらに光コンピューター要素技術への応用が期待されている。

有機分子がSHG特性を示すためには,分子が電気双極子を持ち,反転対称性をもたない極性結晶が得られることが必要となる。ところが,ほとんどの有機分子結晶は対称中心を持ち,分子が一方向に配向した極性結晶が得られる例は極めて限られている。

また,巨視的な異方性を有する極性結晶薄膜の作製技術や,光を用いてSHG特性をスイッチする光論理ゲート機能を持つ安定な有機SHG材料は得られていなかった。

研究では,溶液中で極性結晶を自発的に形成する化学的に安定な光応答性分子を見いだし,気―水界面で巨大な極性結晶薄膜を形成することや,固体結晶膜において近赤外光(1064nm)を可視SHG光(532nm)に変換するとともに,光誘起“固―液”相転移に基づき可逆的にon-offスイッチすることに成功した。

研究グループは,今後は光論理ゲートなど,光コンピューターの要素技術開発に貢献することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,超伝導体内の電流を光で操ることに成功 2020年08月19日
  • 名大,安定化不要のお椀型近赤外吸収色素を創出 2020年08月19日
  • 静大ら,可視光光スイッチたんぱく質を設計 2020年06月23日
  • 京大ら,粘度を感じる羽ばたく蛍光分子を開発 2020年06月12日
  • 東大,光スイッチングできる超イオン伝導体を発見 2020年03月17日
  • 名大ら,外部刺激に敏感な曲面π共役分子創出 2019年12月11日
  • 香川大,空間多重光信号を経済的に転送 2019年10月07日
  • 京大ら,抗がん剤から有機半導体材料を発見 2019年09月26日