光響,サブスクにハンドトーチレーザー溶接機

光響は,提供中の「レーザー製品サブスクサービス(月額定額料金サービス)」に,新たに企画・開発した「ハンドトーチレーザー溶接機」を追加した(製品ページ)。

1kWの高出力レーザーをフレキシブルな光ファイバーを経由してトーチより出射するレーザー溶接機。各種溶接パラメーターをカラータッチパネルで条件設定し,材質・厚みに応じた溶接・加工ができるというもの。

ギャップ接手溶接時のロバスト性能を高めるSway(wabble)機能が標準装備されており,適用範囲を拡大するという。これはビームが連続旋回する機能で,ポイントビームがワークギャップを通過し溶接不可となる状態でも旋回ビームを用いることで,突き合わせ溶接が可能になる。また,ビードが拡幅し,溶接強度も向上するという。

さらに,トーチ先端の接触感知チップによる閉回路及び消耗品保護ガラスをカートリッジ式とすることで,オペレーターの安全確保及びメンテナンスの簡便さも確保したとしている。

レーザー溶接機の相場価格は1千万円を超えるが,同社の「レーザー製品サブスクサービス(月額定額料金サービス)」を利用することで,高価な溶接機を所有せずに溶接・加工が可能になるという。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・高出力レーザー光(出力:1kW)を手元トーチまでファイバー伝送
・スポット仮付け溶接~シーム本溶接を連続実施
・カラータッチパネルから溶接条件簡単設定
・スポットビームとウォブルビームON/OFF切換え
・赤色ガイドレーザーによるトレース確認可能
・トーチ先端タッチ感知による安全なレーザー照射
・保護ガラスカートリッジによる汚れ確認と交換を簡便実施

この製品の主な用途は以下のとおり。
・高精度シートメタル製品の組立溶接(低熱歪み)

その他関連ニュース

  • 光響,UVレーザークリーナーを発売
    光響,UVレーザークリーナーを発売 2021年02月15日
  • 光響,ビームプロファイラの新モデルを発売 2021年02月10日
  • ルミバード,光パラメトリック発振器を発売 2021年01月28日
  • ダイヘン,アルミとGA材の接合技術を開発 2020年12月24日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日