光響,長距離測定向けLiDARを発売

光響は,中国Livox Technology製の長距離・広角度測定用LiDAR「AVIA」の販売を開始した(製品ページ)。

長距離測定・マッピング作成向けに開発された,広角度測定用の高性能LiDAR。最適な設計を行なうことでサイズを小型化し,ドローン搭載による長距離飛行に適する軽量化(重量498g)を実現している。

反復走査モードでは,より高い点群密度を実現し緻密な3Dデータを構築できる。ノイズを低レベルに抑えつつ,周囲の明るさに応じた検出範囲を調整。非晴天下(曇日・夜間等)でも最大450m範囲で対象を探知するという。より高い高度からのドローンによる空中マッピングに適し,高精度測定調査とマッピングを効率よく行なえるとしている。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・高精度検知及び低ノイズ
・2種走査モード(反復・非反復)
・長距離測定
・コンパクト,軽量デザイン

この製品の主な用途は以下のとおり。
・地形測量調査
・森林測量調査
・送電線点検
・地形マッピング他

その他関連ニュース

  • パイオニア,中距離3D-LiDARの量産開始 2021年01月25日
  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • ソニー,自動運転車両の行動テストを開始 2021年01月13日
  • パイオニア,3D-LiDARの量産開始 2020年12月17日
  • 光響,低速自動運転向けLiDARを発売 2020年12月02日
  • PSSIら,LiDARによる交差点監視の検証を実施 2020年12月01日
  • オンセミ,dToF LiDARの新プラットフォーム発表 2020年11月18日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日