立命大ら,葉緑素が天然にできる様子を解明

立命館大学と久留米大学は,光合成を行なう色素である葉緑素(クロロフィル)が天然においてできあがる様子を解明することに成功した(ニュースリリース)。

光合成は,太陽光を効率よく利用して高いエネルギー持った別の物質へ変換する反応であり,自然界では当たり前のように行なわれている。しかしながら,その変換のメカニズムについては,未解明な部分が多いとされている。

今回の研究では,有機化学と生物学に関わるさまざまな技術・知識を複合化させることで,「クロロフィルモデル化合物」を作製。それを天然における触媒(酵素)に認識・反応させることで,反応途中に生じた分子(中間体)を確認し,その反応経路を明らかにした。

これにより,光合成の初期段階において,太陽光を効率よく集める際に大きな力を発揮するクロロフィル分子が,天然でどのように作られているのかという生合成過程の一部を解明することに成功した。

この研究は,自然界で行なわれている光合成のメカニズム完全解明への大きな前進であり,「太陽光を利用しやすいエネルギーに変換し貯蔵する」という人工光合成システム作製への展開も期待されるものだとしている。

その他関連ニュース

  • 京産大,光合成制御タンパク質の機能を再評価 2021年02月18日
  • 東工大ら,光合成における制御機構の役割を解明 2021年02月05日
  • 東工大,新たな光合成電子伝達タンパク質を発見 2021年01月27日
  • 理研ら,植物の紫外線耐性に新たな知見 2020年12月24日
  • 東工大,光合成細胞のpH測定発光タンパク質を開発 2020年12月18日
  • 阪大ら,色植物界に共通の葉緑体形成機構を解明 2020年12月09日
  • 岡山大,集光性色素タンパク質の分子調節機構解明 2020年12月08日
  • 東大,変動する光環境で葉内のCO2輸送を解明 2020年12月02日