横国大,異なる表示デバイスで色の見えを同じに

横浜国立大学は,異なる表示デバイス上であっても,分光分布を一致させることで色の見えが同じになることを実験的に証明した(ニュースリリース)。

我々の身の回りにはディスプレー,タッチパネル,印刷物などさまざまな表示媒体が存在するが,高い精度で色の見えを理論通りに制御できていない。この原因として,デバイス自体が異なること,眼光学特性等の個人差,錐体以外の光感受性細胞の影響が考えられるという。

研究では,任意の波長を自由に操作可能なマルチスペクトル光源を色票に照射し,ディスプレーから発せられる光の分光分布と同じ分光分布を色票上に再現することで,異なる表示デバイスから発せられる二つの光の色の見えが一致することを示し,デバイスの違い自体は影響しないことを世界で初めて実証した。

研究グループは,今世紀になって発見された光感受性網膜神経節細胞(ipRGC)の色知覚への影響を明らかにし,現状の錐体のみに基づく色彩理論の再構築を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 住友化学,高分子有機EL発光材料の事業化を加速 2021年03月01日
  • ソニー,直視型LEDディスプレーの新機種を発売 2021年01月28日
  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • パナ,透明有機ELディスプレーモジュールを発売 2020年11月27日
  • DNP,有機ELパネルの青み改善フィルムを開発 2020年11月17日
  • 電気硝子の強化ガラス,⾞載ディスプレーに採⽤ 2020年11月05日
  • 東北大ら,色の鮮やかさと関連した脳波成分を記録 2020年11月02日
  • 東北パイオニア,医療機器向け有機ELパネルを出荷 2020年10月20日