JNC,韓国SKNと有機EL材料合弁会社設立

JNCは,有機EL材料の開発,販売を行なう子会社を設立するとともに,韓国SK Materials(SKM)との出資による有機EL材料の販売を行なう合弁会社,SK JNC JAPAN株式会社を12月に設立すると発表した(ニュースリリース)。

JNCは技術優位性を有している青色ドーパント及びその周辺材料の開発を進めているが,急成長を続ける有機ELディスプレー市場の要求に応えるため,意思決定と材料開発のスピードアップを図り,有機EL材料の事業拡大を目的に有機EL材料事業に特化したSK JNC JAPANを設立する。

JNCが保有する有機EL材料事業(製造機能を除く)をSK JNC JAPANへ移管し,同社グループが所有する当該事業で使用する設備をリースする。なお,SK JNC JAPANはSKMとの合弁会社であるSK JNCの傘下に入り,韓国パネルメーカーへの対応を強化していくという。

その他関連ニュース

  • 九大,TADFで励起一・三重項状態間の熱平衡を実現 2021年02月15日
  • CYNORA,TADFベース深緑色OLEDキットを発売 2021年01月25日
  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日
  • 北里大ら,円偏光発光を示す緑色蛍光色素を開発 2020年12月10日
  • 出光,中国の有機EL工場が本格稼働 2020年12月03日
  • パナ,透明有機ELディスプレーモジュールを発売 2020年11月27日
  • DNP,有機ELパネルの青み改善フィルムを開発 2020年11月17日