日本触媒,紙より薄い光源の製造開始

日本触媒は,「紙より薄いフィルム光源(iOLEDフィルム光源)」のパイロットラインでの製造を開始した(ニュースリリース)。

この光源は,有機ELの長年の課題であった大気中の酸素や水分による素子の劣化を,同社とNHKとの共同開発による材料および素子技術(iOLED技術)により克服し,厚さ0.1mm以下と紙より薄く,高い柔軟性を実現したとするもの。

同社には,これまで,自動車業界,服飾業界,包装業界,美容・医療業界など多岐にわたる業界からの要望を受け,少量のサンプル提供を行なってきたが,パイロットラインを立ち上げたことで,より大規模で本格的な試験が可能になったとしている。

製造する基板最大サイズは200mmx200mmで,さらに一部製造ラインを自動化することで,生産能力が10倍以上に増強されたという。このパイロットラインを活用することにより,様々な開発ステージのユーザーに対して,要望する使用形態に合った色,形,特性を持ったサンプルを提供していくとしている。

その他関連ニュース

  • 九大,TADFで励起一・三重項状態間の熱平衡を実現 2021年02月15日
  • CYNORA,TADFベース深緑色OLEDキットを発売 2021年01月25日
  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日
  • 北里大ら,円偏光発光を示す緑色蛍光色素を開発 2020年12月10日
  • 出光,中国の有機EL工場が本格稼働 2020年12月03日
  • パナ,透明有機ELディスプレーモジュールを発売 2020年11月27日
  • JNC,韓国SKNと有機EL材料合弁会社設立 2020年11月25日