【光技術フェア】光陽オリ,黒色新製品を展示

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア」(会期11月11日~13日,於 東京都立産業貿易センター浜松町館)において,光陽オリエントジャパン(赤外線フェア 5F-07)は,光を吸収する同社の製品ラインナップを紹介している。

同社のフラッグシップ製品である,可視光から近赤外線全域において反射率0.4%を誇る「ファインシャット極XX」とはじめとして,「世界最黒の塗料」としてWEBでも大きな話題となった「真・黒色無双」を塗布したフィギアなどを展示する。

大面積の近赤外線吸収に適しているという「近赤外吸収植毛布 IR950」は,可視光には対応するものの,これまで赤外線の吸収を苦手としていた同社の植毛布の吸収範囲を近赤外まで広げた製品。1m2あたり5000円と安価なため,赤外光を吸収するような実験室の壁材として適している。

この製品はUVからLiDARで多く用いられる900nm周辺まで高い吸収(反射率0.5%)を持ち,同社ではLiDARの開発を行なう企業や研究室などでの使用を想定している。また,最近ではさらに長い波長のLiDARも登場していることから,1月には1500nmで反射率0.8%の製品を発売する予定だという。

その他関連ニュース

  • 【光技術フェア】IRS,携帯電話UV除菌装置をデモ 2020年11月11日
  • 関西ペイント,LiDAR対応黒色塗料を開発 2020年07月20日
  • 北大,光免疫療法の光化学反応過程を解明 2020年05月26日
  • 千代田電子,赤外線果実非破壊測定器を発売 2020年01月15日
  • NINSら,近赤外線で光合成する緑藻を発見 2020年01月14日
  • 京産大ら,赤外高分散分光器で中質量天体を観測 2019年11月28日
  • 東北大,ナノ世界で磁気渦の高速直進運動を観測 2019年11月15日
  • キヤノン,グローバルシャッターIRセンサー発売 2019年10月18日