昭和電工,光半導体事業子会社を設立

昭和電工は,2021年1月1日を効力発生日として,同社の光半導体事業ならびにレアアース合金事業を,会社分割(吸収分割)により同社の100%子会社である昭和電工光半導体に承継させることを発表した(ニュースリリース)。

同社は中期経営計画“The TOP 2021”において,収益性と安定性を高レベルで維持する個性派事業の連合体である「個性派企業」の実現を目標に掲げている。

同社はこの計画において,光半導体事業を「伸ばす」に位置付け,成長が見込まれる市場で,顧客のニーズに応える製品や技術を提供して事業を拡大し,個性派事業に成長することを目指すとしている。

この事業目標の達成に向け,同事業を事業会社化して意思決定ならびに最新の市場情報に対する社内の情報共有を加速し,成長する赤外領域の受発光デバイスをターゲットに,業界トップの品質とカスタマイズ力により顧客の要望に応えていくという。

なお,事業会社化にあたっては,新たに昭和電工光半導体を設立し,吸収分割により対象事業を同社へ移管する。新会社の所在地は埼玉県秩父市,事業内容は,可視・赤外系LED,受光用エピウエハー,レアアース合金の製造及び販売。代表取締役社長には𦥑田雅彦氏が就任する。

その他関連ニュース

  • ブイテク,リソテックジャパンを完全子会社化 2020年12月21日
  • 日立ハイテク,フォトニック集積回路に参入 2020年11月16日
  • 京セラ,Soraa Laser Diodeを買収 2020年11月13日
  • 東芝ライテック,自動車用光源子会社を吸収合併 2020年08月05日
  • 日立化成,昭和電工の連結子会社に 2020年05月01日
  • シャープ,ベトナムに子会社を設立 2019年08月02日
  • 市光工業,小型ランプのハクデンを解散 2019年05月15日
  • オハラ,子会社の足柄光学を解散 2019年03月20日