千葉大,金属を含まない金色調の水性塗料を開発

千葉大学の研究グループは,チオフェン重合体誘導体を用いることによって,金属を使わず,使う人や地球環境にも優しい水溶性の金色調・ブロンズ調の塗料を開発することに成功した(ニュースリリース)。

市販されている金属光沢調塗料・インキは,金属の微粉末を含むため,塗料中で金属が沈殿する,金属腐食が生じる,塗工膜が重い,インクジェットプリンターのノズルに詰まるなどの問題点を抱えていた。

そこで,研究グループは近年,チオフェン重合体から成る初の「金属を含まない金色調光沢塗料」を開発していた。しかし,これまでに開発されていた塗料・インキの溶剤は人や環境に優しいものではなかった。

今回開発した塗料・インキは水を溶剤とするものであり,そうした問題が解決されたという。今後,塗装・印刷業界だけではなく,有機電子材料の分野にも展開できるものと期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,水に強いn型有機半導体材料を作製 2021年01月26日
  • 東大ら,大面積有機半導体単結晶で歪みセンサー 2020年12月21日
  • 東大,水中で機能する有機センサーを開発 2020年12月02日
  • 兵県大,分子一層の超薄膜でトランジスタ性能向上 2020年11月20日
  • 東大ら,印刷できるn型有機半導体単結晶を開発 2020年11月18日
  • 産総研ら,フレキシブル電子輸送性有機半導体開発 2020年10月23日
  • 東大,理論限界に迫る塗布型TFTを実現 2020年10月09日
  • 北大ら,光応答性有機メモリの構築法を開発 2020年10月09日