amsのVSEL搭載のIbeoのLiDAR,市販車搭載へ

amsジャパンと,独Ibeo Automotive Systems GmbHは,Ibeoが新規開発したソリッドステートLiDAR「ibeoNEXT」に,amsの垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)テクノロジーが中核技術として使用されると発表した(ams HP)。

両社は,先進運転支援システム(ADAS)へソリッドステートLiDARを導入し,いずれは自動運転へ実装する目的で,2018年にLiDARの共同開発を開始している。

amsのVCSELアレイは業界最高の電力密度,変換効率,ピッチを誇り,専門設計されたVCSEL製造技術を通じて,ピクセルの数や寸法とピッチ,アドレス指定可能パターンなどで柔軟にレイアウトを設計でき,さらに,エミッター,電流ドライバー,光学部品を共同開発することもできる。

同社のハイパワーVCSELは,エミッター個々の不具合の影響を受けにくいため,スキャンやフラッシュのアプリケーションで差別化を図ることができるとともに,広範な温度範囲で安定して動作し統合も容易だとする。

Ibeoの主力製品,「ibeoNEXT」は中国長城汽車製の自動車に採用され,高速道路でレベル3の半自動運転を実現する。この製品はソリッドステートで,クラス最高の広範な検出範囲,高解像度,大きな垂直角度を特長とする。

今日のLiDARシステムは,多数のレーザーパルスを同時並行で処理できる。結果として,ガードレールや路上の標識のみならず,車両,自転車,歩行者の位置や動きを認識した周囲環境の3Dモデルが生成される。長距離に対応し高い空間解像度を保つことに加え,高精度であることがLiDARテクノロジーで大きな利点となる。

また,ソリッドステートLiDARは機械式やMEMSミラーなど,可動式のビームステアリング機構を持たず,信頼性とシンプルさの面で大きなメリットをもたらすとしている。

その他関連ニュース

  • パナ,公道で自動運転ロボによる配送実験を開始 2021年03月04日
  • オンセミ,車載LiDAR向けSiPMアレーを発表 2021年03月04日
  • ソニー,LiDAR向けSPADセンサーを開発 2021年03月02日
  • パイオニア,中距離3D-LiDARの量産開始 2021年01月25日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日
  • シチズン電子,VCSELでレーザー市場に参入 2021年01月19日
  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • ソニー,自動運転車両の行動テストを開始 2021年01月13日