キヤノン,2.5億画素APS-HサイズCMOSセンサー発売

キヤノンは,APS-Hサイズ(約29.4×18.9mm)のCMOSセンサーの新製品として,約2.5億画素(19,568×12,588画素)の撮像が可能な「LI8020SAC(カラー)/LI8020SAM(モノクロ)」を2020年10月下旬に発売する(ニュースリリース)。

新製品は,画素ピッチ1.5μmのAPS-Hサイズで約2.5億画素を実現。フルHD(1,920×1,080画素)の約125倍,4K(3,840×2,160画素)の約30倍となる超高解像度での撮像が可能で,広範囲を撮影しながら,画像内の細部の情報まで取得することができ,電子ズームで拡大表示しても,十分な解像度が得られる。

CMOSセンサーは,画素数が増えるほど信号量が増加し,信号遅延やタイミングのわずかなずれなどが発生する。この製品は,約2.5億画素という超多画素でありながら,回路の微細化や信号処理技術を進化させることで,1秒間に約12.5億画素の超高速な信号読み出しを実現。これにより,全画素読み出し時でも約5コマ/秒のスピードで超高解像度な撮像を可能とする。

また,任意の領域のみを選択的に読み出す「ROI(Region of Interest)読み出し機能」を搭載。特定領域のみ,高速で読み出したい場合に,「ROI読み出し機能」を使うことで,8K(7,680×4,320画素)では24fps,4K(3,840×2,160)では30fps,フルHD(1,920×1,080)では60fpsでの動画撮影が可能。また,全画像領域の垂直方向を間引いて読み出す「間引き読み出し機能」も備えるなど,ユーザーのニーズに合わせたデータ出力方法を選択できる。

同社では,4K・8K映像技術の発展で高精細化しているFPD(フラットパネルディスプレー)の検査を始め,産業用検査,映像制作やデジタルアーカイブ,広域監視,顕微鏡などさまざまな用途への活用が可能だとしている。

その他関連ニュース

  • ニコン,110dB/1000fpsを4K×4Kセンサーで両立 2021年02月17日
  • ams,産業用高速画像センサーを発表 2021年02月02日
  • オムニビジョン,医療用超小型カメラの画質を改善 2020年12月22日
  • 富士フイルム,4億画素画像を忠実な色で撮影・生成 2020年12月01日
  • 東大ら,レーダーと可視光で流星を同時観測 2020年11月12日
  • オンセミ,産業用イメージセンサー群を強化 2020年10月21日
  • キヤノン,可視赤外同時撮影超高感度センサー発売 2020年10月20日
  • オンセミ,グローバルシャッターセンサーを発表 2020年10月08日