東北パイオニア,医療機器向け有機ELパネルを出荷

東北パイオニアは,バイオフォトニック研究会社である英PolyPhotonixが開発する糖尿病網膜症の治療に使用されるスリープマスク「Noctura 400(ノクチュラ400)」向けに,最先端の有機EL発光パネルを提供(2021年春予定)することに合意した(ニュースリリース)。

糖尿病網膜症は,高血糖値が目の奥にダメージを与えることによって引き起こされる糖尿病の合併症であり,適切な治療を行なわないと失明の原因となることがある。PolyPhotonixのスリープマスクは,糖尿病網膜症の症状を軽減,回復させることを目的として,夜間に装着するもので,家庭での通常の睡眠時間中に正確な量の光を用いた治療を行うことができる。

睡眠を妨げない軽量バッテリーを搭載したスリープマスクは,東北パイオニアが新規に開発した高効率長寿命な有機ELパネルの採用により,長期安定した十分な光の照射を実現しているという。

東北パイオニアでは自発光素子である有機ELの特長を活かし,ディスプレーはもちろんのこと,ディスプレー以外の特殊光源用途でも積極的に用途拡大を行なっていくとしている。

その他関連ニュース

  • 住友化学,高分子有機EL発光材料の事業化を加速 2021年03月01日
  • 九大,TADFで励起一・三重項状態間の熱平衡を実現 2021年02月15日
  • ソニー,直視型LEDディスプレーの新機種を発売 2021年01月28日
  • CYNORA,TADFベース深緑色OLEDキットを発売 2021年01月25日
  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日
  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • 北里大ら,円偏光発光を示す緑色蛍光色素を開発 2020年12月10日