ams,スマホ向け光学センサーを発表

amsジャパンは,周囲光感知,近接検出,フリッカ検出を1台のモジュールに統合し,スマートフォンのOLEDディスプレー画面背面での動作に最適化された光学センサー「TMD3719」を発表した(製品ページ)。

OLEDディスプレーの背面(BOLED)で周囲光の感知,近接検出,フリッカ検出を行なう技術的な課題を克服した初のデバイスであり,これまでの産業設計の限界を超えられるようになるという。スマートフォンメーカーはこれまでベゼル内に収められていたセンサーをOLED画面背面に移動でき,ベゼルを排除する消費者の要求に応えることができる。消費者は,スマートフォンの前面すべてを覆う大型のディスプレー画面を楽しめるようになるとしている。

このセンサーは各機能を統合した初のBOLEDアプリケーション用モジュールであり,これによりOEMは消費者向けの主要な機能を実現できるという。この機能には,周囲光に応じたディスプレーの自動輝度調整,通話中にタッチスクリーン機能を自動的にオフにする近接検出,カメラの画像が人工照明を映す際に帯状の模様やその他のアーチファクトを除去するためのフリッカ検出などが含まれるという。

また,このセンサーは,フリッカ検出のアルゴリズムを実装。フリッカ検出をチップ上で処理することで,メインのアプリケーションプロセッサーの負荷を低減させ,フリッカ検出結果の遅延を抑制する。これにより,周囲光のフリッカ周波数を全般的に検出し,スマートフォンのカメラが映した帯状の模様など,不要なアーチファクトを除去することができるという。表面実装型の6.35mmx3.00mmx1.00mmパッケージで提供され,既にサンプリング注文に対応可能だとしている。

その他関連ニュース

  • Micro-Epsilon,静電容量変位センサーを発売 2021年02月19日
  • 九大,印刷できる抗原抗体検査用光センサーを開発 2021年02月05日
  • CYNORA,TADFベース深緑色OLEDキットを発売 2021年01月25日
  • シチズン電子,VCSELでレーザー市場に参入 2021年01月19日
  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日
  • 2024年産業用環境センサー市場,1兆4,540億円 2021年01月05日
  • 豊技大,光干渉による半導体ガス検出チップを開発 2020年12月24日