京産大,光合成を迅速に誘導する仕組みを発見

京都産業大学は,光合成を迅速に誘導するには,PGR5というタンパク質も重要であることを明らかにした(ニュースリリース)。

植物に光が当たると,葉の葉緑体では光合成が行なわれる。光合成は光エネルギーを使い,空気中から取り込んだ二酸化炭素を糖やデンプンなどの有機物に変換する。しかし,植物は光が当たっても光合成をすぐに始めることはできない。光合成を行なうにはそのシステムが働くための誘導期が必要であり,植物では光合成を開始するために様々な仕組みが働く。

光合成で働く多くの酵素(主に二酸化炭素固定反応に関わる酵素)は,夜間はスイッチがオフになっており不活性化されている。しかし朝になって植物に光が当たると,チオレドキシンというタンパク質がこれらの酵素のスイッチをオンにして活性化する。これまでの研究からチオレドキシンが植物の迅速な光合成の誘導に不可欠であることはわかっていた。

今回,研究グループはモデル植物であるシロイヌナズナの突然変異体を用いて,迅速な光合成の誘導には,チオレドキシンに加えてPGR5というタンパク質も重要であることを明らかにした。

PGR5は光合成電子伝達系路の1つであるサイクリック電子伝達に関わるタンパク質で,光合成に必要なエネルギーであるATPの合成に寄与する。しかし,光合成誘導期における役割はあまりわかっていなかった。

今回の研究で,PGR5は光合成を迅速に誘導するための環境を整えることに寄与することが明らかとなった。PGR5の働きは,チオレドキシンの欠損変異体などの二酸化炭素固定反応に関わる酵素の活性化が遅れている植物で,特に重要であることがわかったという。

チオレドキシンとPGR5の双方を欠損したシロイヌナズナ変異体では光合成誘導が阻害され,この二重変異植物体は生育阻害を受ける。このように光合成を迅速に開始するためには,植物の複数の仕組みが協調して機能することが必要になるとしている。

その他関連ニュース

  • 京産大,光合成制御タンパク質の機能を再評価 2021年02月18日
  • 東工大ら,光合成における制御機構の役割を解明 2021年02月05日
  • 東工大,新たな光合成電子伝達タンパク質を発見 2021年01月27日
  • 理研ら,植物の紫外線耐性に新たな知見 2020年12月24日
  • 東工大,光合成細胞のpH測定発光タンパク質を開発 2020年12月18日
  • 阪大ら,色植物界に共通の葉緑体形成機構を解明 2020年12月09日
  • 岡山大,集光性色素タンパク質の分子調節機構解明 2020年12月08日
  • 立命大ら,葉緑素が天然にできる様子を解明 2020年12月02日