JOLED,機内客室向けディスプレー開発で提携

JOLEDは,航空機客室ディスプレー技術の開発を行なう米Rosen Aviation LLCと,航空機内での乗客の視聴体験を進化させるための提携を発表した(ニュースリリース)。

両社は,客室内における有機ELディスプレーの機能性と魅力を最大化すべく,それぞれの技術と知見を活用し,航空機客室向けの中型サイズの有機ELディスプレーの開発と導入に共に取り組む。

有機ELディスプレーは,これまでのディスプレーにはない,極薄,軽量,広い視野角,色再現性,高精細,そして無限に近いコントラスト比などのさまざまなメリットを備えている。

JOLEDは,同社の中型・高精細の有機ELディスプレーにとって,航空機客室ディスプレーはとても有望なアプリケーションであるとし,未来の航空機において乗客が触れ,体感し,見て,楽しむ,すべての場面にフィットする画期的なディスプレーを実現すべく,探求と開発を進めてまいくとしている。

Rosen Aviationは,両社の広範な経験を活かし,安全性,品質を保証しながら,客室内へのディスプレーのシームレスな統合を実現するとしている。

その他関連ニュース

  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • 九大発ベンチャーと日本曹達,有機ELで共同開発 2020年10月23日
  • ウシオと東芝ライテック,222nm光源器具開発で協業 2020年08月27日
  • 京セラ,太陽電池用封止材で中国企業と協業 2020年08月17日
  • 島津と堀場,液クロとラマンの融合装置で協業 2020年08月04日
  • Photon Control,FisensとFBGの販売契約締結 2020年07月31日
  • パナ,中国企業との太陽電池事業の協業を解消 2020年07月30日
  • NEC,次世代通信に向けNTTと資本提携 2020年06月25日