電気硝子,5G対応のLTCC用材料を開発

日本電気硝子は,5G通信に用いられる部品やデバイスに適した誘電正接の低いLTCC用材料を開発し,製品ラインナップを拡充した(ニュースリリース)。

5G通信では,ミリ波領域といわれる28~40GHzの高い周波数が利用されており,信号を処理する部品やデバイスにはさまざまなLTCC基板が使われる。それらにおいては,周波数,誘電正接に比例して信号が減衰し通信品質が低下するため,特にミリ波のような高周波数の場合,より効率的な通信を実現するには低誘電正接の材料を用いて信号減衰を抑制することが必要になるという。

同社は,低誘電正接を特長とする3タイプ(低誘電率「MLS-23」,高膨張「MLS-51」,高強度「MLS-63」)のLTCC用材料を開発。誘電正接はいずれも従来材料の1/4~1/2に抑えられ,信号減衰の低減に寄与するという。これらの製品は,5Gの急速な進展により市場ニーズが高まっていた材料であり,さらに,より高い周波数を利用するミリ波レーダー部品や60GHz帯WiFiにも有効だとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,THz帯でフェーズドアレイ無線機を実現 2021年02月08日
  • 岐阜大ら,300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功 2021年01月14日
  • 2019年国内M2M市場,4.5%増の2,100億円 2021年01月13日
  • KDDIら,5G/6G向けファイバ無線実験に成功 2020年12月08日
  • KDDI,スマホと連携するスマートグラスを発売 2020年11月17日
  • 岐阜大ら,高周波電磁波を実環境で可視化 2020年10月13日
  • 東大ら,ミリ波・THz波による磁気記録方式を開発 2020年10月09日
  • 三菱電機,5G向けレーザーのサンプル提供開始 2020年09月07日