森精機,大型レーザー金属積層造形機を発売

DMG森精機は,旋削やミーリングなどの切削加工を行なう複合加工機にレーザー金属積層造形技術であるアディティブマニュファクチャリング(AM)を融合し,大きな積層造形領域を持つレーザー金属積層造形機「LASERTEC 6600 3D hybrid」の販売を開始した(ニュースリリース)。

積層造形の市場は,これまでにも飛躍的に成長してきたが,その使用範囲は従来の切削加工ではできなかった,試作品や小さい部品の製造に限られていた。この製品は広い積層領域を備え,金属の積層造形と切削加工が1台の機械で可能になるため,従来の加工方法ではできなかったことを補うだけでなく,さらに進んだ加工を実現できるというもの。

例えば,金属材料粉末とレーザーを同時に照射し,積層と溶融を行う指向性エネルギー堆積法(Directed Energy Deposition)を採用しており,積層と溶融を同時に行なうことができるため,造形時間が早く,異なる金属材料粉末の積層も可能。1つの素材の上に少しずつ異なる素材を積層することで,複数の素材を融合させて1つの製品を造ることができる。

また,工具主軸に金属材料粉末とレーザを同時に照射するAMノズルを搭載することで,B軸を加えた5軸の積層造形を行なうことができるため,ワンチャッキングでの加工が可能となり,長時間の自動連続積層造形にも対応するという。

積層造形領域は,X軸:1,040mm,Y軸:-280~+330mm,Z軸:3,890mm。最大積層ワークサイズは,Φ1,010×3,702mmに対応するため,航空宇宙産業のロケットエンジンやエネルギー産業の油井管,輸送機のシャフトなどの大型ワークの積層造形に対応できるとしている。

その他関連ニュース

  • NIMS,機械学習でAM用超合金粉末のコスト削減 2020年11月30日
  • 富山大ら,3Dプリンターで触媒付き反応容器を作製 2020年08月17日
  • 森精機,デュアルレーザー金属積層造形機を発売 2020年07月21日
  • NTTデータ,AMソリューション会社を設立 2020年07月01日
  • 産総研ら,ラジオクロミックの線量計を3Dプリント 2020年06月10日
  • 横国大,光架橋による3Dガラス造形インクを開発 2020年05月21日
  • 国循ら,光造形心臓モデルの検証試験開始 2020年04月09日
  • InssTek,複数材料を扱うDEDプリンター発売へ 2020年03月12日