カネカの太陽電池,トヨタの自動運転車に採用

カネカは,同社が開発した結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)が,トヨタ自動車の低速自動運転EV「e-Palette」のルーフガラス部分に採用されたと発表した(ニュースリリース)。

この製品は,同社の世界最高の変換効率(結晶シリコン太陽電池として世界最高の変換効率26.7%を達成)を誇る結晶シリコン太陽電池技術を用いており,また表面に配線のないバックコンタクト構造によって,自動車用ガラスに近い意匠性を実現した。今回,こうした高い変換効率と意匠性が評価されて採用に至った。

ヘテロ接合バックコンタクト型とは,ヘテロ接合技術とバックコンタクト技術を組み合せた結晶シリコン太陽電池。結晶シリコンとアモルファスシリコンの組み合せによる欠陥低減や,電気に変換できる光の波長が異なる材料を組み合せることで変換効率を向上させることができる。

バックコンタクト技術は太陽電池の裏側にのみ電極をつくり電気を取り出す技術で,電極を裏面に集約することで,受光面を広くできるため,変換効率を高めつつ,意匠性も向上させることができる。

この太陽電池は曲面状に設計することができ,自動車ボディへの設置が可能となったという。

その他関連ニュース

  • OSIT,大面積・長寿命ペロブスカイト太陽電池製作 2021年02月01日
  • パナ,太陽電池生産から撤退 2021年02月01日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日
  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • 日立AMSのステレオカメラ,スズキが採用 2020年12月21日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • 千葉大,ペロブスカイトPVの表面評価法を確立 2020年12月09日
  • パナの小型HUD,スズキの新型車に搭載 2020年12月04日